顎にできると額にできるニキビの違い

顎にできるニキビと額にできるニキビには大きな違いがあります。顎ニキビはいわゆる大人ニキビの一種で、食生活の乱れ、運動不足、睡眠不足、不規則な生活リズム、ストレス、疲労、喫煙、ホルモンバランスの乱れ、肌の乾燥などが原因となります。繰り返し同じ箇所に何度もできたり治りが遅かったり跡が残りやすかったり色素沈着しやすかったりなどの厄介な特徴もあります。対策としては日頃の生活習慣を見直してみるということが重要になります。ビタミンやミネラルやタンパク質をバランス良く取り入れた食事、適度な運動、良質な睡眠、疲労回復、ストレス解消、禁煙などの健康的で規則正しい生活習慣を身につけるということを心がけることが大切です。顎ニキビは肌の乾燥が大敵となるので、化粧品によるスキンケアで保湿を徹底するということが重要になります。肌が乾燥しているということは、角質のバリア機能が低下して水分や油分などのうるおいを肌にため込んでおくことができなくなっていてターンオーバーも乱れている状態です。洗顔は、肌にやさしい洗顔料を選んで角質を傷つけないようにたっぷりの泡で優しく洗い上げるということを意識しましょう。洗顔後はパックやピーリング剤やふき取り化粧水やブースターなどを使用して角質を健やかに保つためのケアを行いましょう。この一手間を加えることで化粧品や美容液の浸透力がアップして保湿力を高めることができます。肌のうるおいがアップすれば顎ニキビができにくい肌環境に導くことができます。それに対して額ニキビはいわゆる思春期ニキビの一種で、成長ホルモンによる皮脂の過剰分泌により肌が脂っぽくなってしまうことが原因となります。額や鼻などのTゾーンは皮脂の分泌が活発なのでニキビができやすくなります。対策としては、洗顔で酸化した皮脂や毛穴の汚れや角栓をしっかりと洗い落として肌を常に清潔な状態に保つということが重要になります。洗浄力が高い洗顔料を選んで朝晩しっかりと洗顔しましょう。額ニキビの大敵は皮脂の過剰分泌なので、皮脂の分泌を抑制する効果がある化粧品や医薬品を使用して肌のコンディションを良くするということも大切です。脂質の代謝を促す効果があるビタミンB群の摂取も効果的ですので、食事やサプリメントなどで積極的に摂取しましょう。顎ニキビと額ニキビの違いをきちんと理解して、適切な方法で対策を講じてニキビの改善や予防に努めていきましょう。