便秘とニキビの因果関係

便通が悪くなると、なぜかニキビや吹き出物ができてしまう・・・という方は多くいらっしゃいます。
実は便秘とニキビには深い関係があるので、快便を維持することは吹き出物予防にとってもとても大切なポイントとなります。

 

便通が悪くなると、消化物がいつまでも腸内に留まることになりますが、これにより消化物から水分のみが吸収され続け、どんどん固くなりさらに便秘になってしまいます。
便は体にとって不要なものの塊ですので、腸内に留まることによって腸内環境を悪化させてしまいます。
そうすると善玉菌が減少して、肌の新陳代謝に欠かせないビオチンというビタミンの生成が滞ってしまうのです。
これにより肌のターンオーバーが乱れてしまい、吹き出物ができやすい肌質になってしまいます。

 

腸内に便という老廃物がとどまる影響は、ビオチン生成だけにとどまりません。
毒素が体の中にいつまでもとどまる事で、活性酸素が大量に発生しますが、この活性酸素も肌の免疫力を低下させてニキビを生成する原因になってしまう物質です。
活性酸素は劇的に血管を収縮させてしまうので、あらゆる老化の原因にもなると言われていますが、肌も活性酸素により血管が収縮してくすみがちになったり、ターンオーバーが乱れて吹き出物ができやすくなってしまうのです。

 

このように便秘が肌にもたらす影響は大変大きなものですので、できるだけ便通を改善して腸内環境を良好に保つことがニキビ予防や美肌のために欠かせないのです。
便秘にならないためのまずしたいのが適度に水分を摂取するということです。
水分不足になると便が硬くなってしまい、便通が悪くなりがちですので、積極的に水分を取りましょう。
また食物繊維を積極的に取ることで便のカサが増えて便通が良くなりますので、野菜やフルーツなどを食事に取り入れることも高い便通改善効果が期待できます。
また肌に欠かせないビタミンの一種、ビオチンを生成するためには腸内環境を改善することが大切ですが、ヨーグルトや漬物に含まれる乳酸菌を積極的にとることで、腸内の善玉菌をふやすことができます。
乳酸菌は善玉菌の餌となって腸を活性化してくれるので、ニキビ肌改善を目指したい方は積極的にとりたい栄養です。

 

このように腸内環境を改善して便通をよくすることで、体の中からニキビ対策をすることができます。
肌の外側からのスキンケアと同時にこうした体の中からのケアを行うことでより効果的なニキビ予防を目指すことができます。

 

"