ニキビと肌質の関係

ニキビと肌質は大きく関係しています。肌質によってできるニキビの性質も異なります。脂性肌の人ができるニキビは皮脂の過剰分泌が原因でできるので、皮脂の分泌が活発な額や鼻などのTゾーンを中心にできるという特徴があります。思春期の頃にできるニキビもこれにあたります。過剰に分泌した皮脂が毛穴を塞いでしまい炎症を起こしてしまうことが原因となります。改善や予防のための対策としては、とにかく洗顔を徹底して肌を清潔に保つということが最も重要になります。洗浄力が強めの洗顔料を使用して角栓や毛穴の汚れや酸化した皮脂をしっかりと洗い落としましょう。こまめな洗顔がカギとなります。皮脂の分泌を抑える効果がある医薬品や化粧品を使用したり、脂質の代謝を促進させる効果があるビタミンB群を積極的に摂取するということも心がけましょう。乾燥肌の人ができるニキビはうるおい不足が原因でできるもので、乾燥しやすい頬や顎や口の周りや首筋などのUゾーンを中心にできるという特徴があります。大人ニキビがこれにあたります。食生活の乱れによる栄養の偏り、ストレスや疲れ、運動不足、寝不足、喫煙、ホルモンバランスの乱れ、不規則な生活リズム、スキンケア不足などが原因となります。何度も同じ箇所に繰り返してできたりなかなか治らなかったり跡が残ってしまったりなどの厄介な性質も持ち合わせています。改善や予防のための対策としては、生活習慣の改善と徹底的な保湿ケアが重要になります。食生活では、ビタミンやミネラルやタンパク質をバランス良く摂取するということを意識しましょう。ビタミンやミネラルは疲れやストレスがたまったり喫煙したりすることで大量に消費されてしまう栄養素なので、食事やサプリメントでこまめに摂取して栄養補給することが大切です。代謝をアップさせて血行を促進させることも大切なので、水分をこまめに摂取することも心がけましょう。生活習慣では、適度な運動や良質な睡眠や規則正しい生活リズムなどを意識しましょう。疲労回復やストレス解消にも努めましょう。スキンケアは、保湿効果が高い美容成分が配合されている化粧品を使用して丁寧に行うということが大切です。角質のバリア機能の低下が肌の乾燥やターンオーバーの乱れにつながってしまいますので、ふき取り化粧水やピーリング剤やパックなどで角質ケアをするということも重要なポイントとなります。コラーゲンやヒアルロン酸やセラミドなどの保湿効果が高い美容サプリメントを摂取するのも効果的です。ニキビと肌質の関係をきちんと理解して対策に努めましょう。