目の下のくまとニキビの関係

ニキビはストレスや疲労がたまったときにできやすいという風に考えられているのが一般的です。

 

しかし、これにはストレス以外にもできてしまう原因があったのです。それは目の下のくまです。目の下にできるくまは黒い色をしているという人が多いのではないかと思います。

 

ここで、動脈の色について着目したいのですが、動脈は赤黒い色をしているというのはだれでも知っていることでしょう。

 

疲れるということは血液の巡りが悪くなるということを指しています。

 

よって首から上に行くはずだった血液が脳に回され、疲労を回復させようとするという事態になります。

 

くまとは本来顔周りに来るはずだった血液が不足することによって黒く見えてしまうものなのです。これは顔周りに十分な栄養が行き届かないということも指しています。

 

そのため栄養不足などの原因から目の下のニキビは多く発生するものになっているのです。

 

それと同時に、目不足などの原因からくまはもっと深刻なものになります。これはほっといても大丈夫ですが、偏頭痛を起こしたりする人も中にはいるようなので気を付けてください。

 

こういった体調不良は精神的なストレスにもつながってきてしまいます。

 

 

ストレスはニキビの原因ですが、顔周りはこういった事情があることからも影響を受けやすいということがいえるのではないでしょうか。

 

また顔周りのこういった変化というものは内臓の不調によるものかもしれないという研究結果も出ています。人間は体調が悪いとき、臓器への血液を確保するために細い血管を収縮させる可能性があります。

 

目の周りにあるのは大体が細い血管になります。なのでもしこのように収縮されるということがあったならば、一番最初に変化が見られるのが目の周りになるということです。

 

最近疲れ目だとか特に思うようになってきた人は、一度、内科の受診をしてみるのもいいかもしれません。

 

よって目の下にできるくまとニキビの関係には、ストレスや栄養不足などの問題だけではなく、内臓の不調まで現れているかもしれないということがいえるでしょう。

 

もしなかなか皮膚科に行っても治らないというような人は、内科に相談に行ってみるのもいいかもしれません。

 

最近では肌トラブルで悩んでいる若い世代の人も多くいます。上記の内容を読んで何かしら参考になる情報を見つけていただけるといいのではないでしょうか。

 

もし目の下のことで悩んでいるという人がいたら、是非参考にしてみてください。