ニキビ肌の洗顔後はどうするのか

ニキビの人はとにかく洗顔については、普通の肌の人以上に気を遣わなければいけません。そもそもニキビが沢山出来てしまう大きな理由の一つとして、肌を不潔にしていたからというものがあるからです。なのでしっかりと洗顔をして、余計な汚れを落としていく必要があるのです。
しかしただ単に洗顔の時だけしっかりと気を付けていればいいというわけではありません。ニキビ肌の人は、とにかく洗顔後にもしっかりとしたケアをしていくことが大切なのです。それでは具体的にどのようなケアをしっかりとしていけば良いのでしょうか。
まず何と言っても、洗顔後にはしっかりとニキビ治療薬を塗るということを徹底的にやっていかなければなりません。そして治療薬といっても色々なタイプのものがありますが、なるべくならばべたべたとしたクリームタイプのものではなくて、サラサラとしたジェルタイプのものを使用するようにすると良いでしょう。何故ならニキビ肌の人はただでさえ肌がザラザラとしていて日頃から不快な思いを味わっていることが多いですので、べたべたのクリームを塗ることによって更に不快な思いをしてはいけないからです。
それから洗顔後にゴシゴシとタオルで顔を拭くという人が、意外にも沢山いるものです。特に潔癖症の人にとっては、洗顔が終わった後に顔が水で濡れているのは許せないことでしょう。なのでついついしっかりと拭こうと思い、ゴシゴシとタオルでやってしまうというロジックになるのです。しかし普通の肌の人であってもゴシゴシとタオルでこすることは肌にとって悪いのに、ましてやニキビ肌の人がそれをやってしまうのは愚の骨頂です。まさに火に油を注いでいるようなもので、ニキビを治すどころか悪化させてしまうのです。
なのでニキビが沢山あるという人は洗顔後はソフトに優しくタオルを使って拭くようにしましょう。普通の安物のタオルを使うのではなくて、多少値段がしても肌触りの良い滑らかな素材のタオルを使って拭くようにすると尚の事良いでしょう。それから顔を洗ってそのままというのもあまり良くありません。出来ればにきび予防の効果のある化粧水等をたっぷりと使って、お肌を優しく労わってあげるようにしましょう。とにかくにきびを予防治療する為に一番大切なこととは、毎日の積み重ねのケアなのです。面倒くさがらずにしっかりとケアしていくことで、素敵な肌を手に入れることが出来るので頑張りましょう。"