ノンシリコンシャンプーとニキビの因果関係

ニキビは、皮脂と常在細菌との相互作用により発生する皮膚の炎症性疾患です。このために、青春のシンボルなどと表現されるケースも少なくはありませんが、10代や20代だけの症状というわけではありません。何故なら、体調を崩すなどの様々な原因で、皮脂の分泌量は増加してしまうからです。

 

ちなみに、ニキビが発生する大まかな仕組みは、増加した皮脂を餌にした毛穴周辺に増殖しているアクネ菌などの細菌が増殖し、毛穴が詰まってしまうという内容です。これにより、毛穴周辺が赤く膨れ上がる様子が、まるで黍の実の様に見えるということが名前の由来と考えられています。

 

ただし、この状態が悪化すると化膿して黄色くなります。この黄色ニキビにまで発展すると、かなりの確率で跡が残ってしまいます。特に、中年以降にこのような状態になると肌のターンオーバーが低下しているので、凸凹した夏ミカンの様な肌になります。このために、このような状態に悪化するまでに、対策を講じなければなりません。

 

なお、ニキビの原因は前述したように皮脂の増加で、栄養不良やストレス、睡眠不足などの生活習慣の乱れが大半を占めます。このために、日常生活の見直しにより状況が一変するケースも少なくはありません。ただし、外的な要因が原因の場合は、生活の見直しだけでは十分ではありません。

 

これは、皮脂が何故分泌しているのかということが関係しているからで、特に石鹸やシャンプーなどの皮膚に塗布するアイテムは重要なポイントとなります。これらの内で大量生産型の商品の大部分には、石油系界面活性剤を配合しているのですが、これが皮脂の分泌量を過剰化する要因となる場合があるからです。

 

この石油系界面活性剤は、安価で洗浄力が優秀ということが特徴で、低価格で供給できるというメリットがあります。ただし、強すぎる洗浄力があだとなり、皮膚を守る役割を担っている皮脂まで除去することになります。すると、乾燥肌と呼ばれる状態を防ぐために、皮脂の分泌が活性化するという結果につながります。

 

皮脂が過剰分泌すると、成長期と同様に細菌が繁殖する環境が形成されるので、大人ニキビと呼ばれる炎症性疾患が発症します。これを防ぐためには、石油系界面活性剤を配合していないシャンプーや石鹸を使用するという方法も効果的です。特に、皮脂を取り過ぎないノンシリコンシャンプーはオススメで、自然な状態に回復させる効果を期待できます。このように、ノンシリコンシャンプーはニキビと直接の因果関係はありませんが、皮脂を正常化するという効果により、改善へと誘うことになります。

 

 

 

"