背中にできるニキビの対処法

背中ニキビは、単一の原因ではなく、いくつかの原因が複合的に作用することで発生しまう。背中ニキビの第一段階としては、肌の乾燥や睡眠不足、疲労などの物理的なストレス、精神的なストレスで引き起こされます。強いストレスを受けることで、交感神経が活発化し、男性ホルモンが過剰分泌されるようになると本来のホルモンバランスが乱れてしまいます。男性ホルモンには、皮脂分泌の促進や角栓の発生、毛穴の縮小などを引き起こす働きがるため、毛穴の入り口は小さくなり毛穴に角栓が詰まりやすくなります。さらに、内部には多量の皮脂が閉じ込められた状態です。
背中ニキビの対処法としては、皮膚科を受診することが一番ですが、軽症であれば自分でケアすることも可能です。背中ニキビは、毛穴の縮小や角栓の発生を引き起こさなければ生じないため、対処法として、これらを防ぐことになります。まずは、背中の徹底的な保湿ケアを行います。保湿を行うことで、毛穴の縮小や角栓の発生を引き起こすことを防ぐことができます。皮脂の過剰分泌を抑える働きのあるビタミンCが配合されている化粧水や美容液などが適しています。特に肌へと浸透しやすいように作られているビタミンC誘導体が含まれている化粧水や美容液はニキビの予防改善に効果が期待できます。同時に規則正しい生活、栄養バランスの取れた食事を心がけます。栄養バランスがしっかりとれ、睡眠などもしっかり確保できるようになれば、長期的にはなりますが、ケアできる可能性が高くなります。
現代社会でストレスを感じずに生きることは難しいですが、できるだけストレスの少ない生活習慣を維持するように心がけます。ストレスを感じないようにすることは難しいですが、ストレス解消になる趣味を見つけたり、運動したりと自分なりの解消法を見つけることです。また、シャンプーに含まれているシリコンにより毛穴詰まりが促されることがあります。そのため、シリコンが含まれていないノンシリコンシャンプーに切り替える方法も間接的にはなりますが、背中ニキビ改善につながります。リンスやトリートメントなど髪の毛のケアをした後は、背中に成分がついたままにならないように髪の毛はすぐにまとめるなど注意します。
ただし、背中全面にニキビが発生している場合や炎症を起こして腫れているようであれば、ニキビ外来を設置している医療機関を受診したほうがホルモン治療などを受けることができるため、短期間で改善が期待できます。"