紫外線はニキビを誘発する?

ひとつ出来るだけでも気分が下がってしまう困った肌トラブルがニキビや吹き出物です。
こうした吹き出物の原因にはさまざまなものがありますが、紫外線がこうした吹き出物を誘発してしまうことがあります。
一見関係がなさそうなこの二つがなぜかかわりあって吹き出物が発生してしまうのでしょうか。

 

まずUVBを浴びることで大量の活性酸素が発生してしまうということです。
活性酸素とは老化の原因といわれている物質で、ストレスや喫煙などで発生しますが、UVBはこの活性酸素を大量に発生させてしまいます。
活性酸素は血管を劇的に収縮させてしまう働きがあるため、肌の血管も収縮して、肌のターンオーバーが乱れてしまうのでくすみや吹き出物の原因となってしまいます。
UVBはメラニンを発生させてシミや日焼けになってしまうだけでなく、吹き出物の原因にもなってしまう光線なのです。
また日光を浴びることで肌が乾燥しますが、これにより肌が本来持つバリア機能が失われ、吹き出物の原因となるアクネ菌が増殖しやすくなってしまいます。
肌は自らが潤うことで、外界からの刺激や菌などから自らを守る免疫機能を維持しています。
一方紫外線は肌を乾燥させ炎症を起こすこともしばしばありますが、これにより肌の乾燥がすすみバリア機能が失われて、吹き出物が出来やすくなってしまうのです。
またバリア機能が攻撃されることで、肌は自らを守ろうと角質を厚くする働きがありますが、これもターンオーバーが遅れて吹き出物が出来やすくなってしまう原因になります。
UVBはメラニンを排出させてシミや日焼けの原因になりますが、できてしまった吹き出物がUVBを浴びることによりさらに色素沈着を起こし跡になりやすくなってしまうというトラブルもあります。

 

このような理由により紫外線を浴びるとニキビができてしまうので、吹き出物予防のためにも直射日光に当たらないように心がけることがとても大切なポイントになります。
できるだけ日陰を歩く、日傘や帽子を活用して肌に直接日光を当てないようにすることはとても大切ですが、さらに活用したいのがサンスクリーンです。
SPAの値、PAの値を確認してしっかりとした紫外線防止効果のあるものを選ぶようにしましょう。
成分によっては肌に刺激になり逆に吹き出物を誘発してしまうケースもあるので、マイルドで安全性の高い製品を使い、汗などで流れたらこまめに塗り直すなどの工夫をしてニキビ予防に活用しましょう。"