ニキビケアの洗顔で市販のものの選び方

メイクでもなかなか隠せないやっかいな肌トラブル、ニキビ。

 

一度できるとパラパラと顔じゅうにできて、なかなか治らない…ということも少なくありません。

 

ニキビができていると、とにかく肌を清潔にしなくては!と洗顔を繰り返す人がいますが、これは実はNG。市販のニキビケア用洗顔料の中には肌の潤いを奪いすぎて、肌が持つバリア機能を低下させてしまうものもあります。

 

ここで市販のニキビケア用洗顔料を選ぶときのポイントについてまとめてみました。

 

皮脂を奪いすぎない洗顔料を選ぼう

ニキビケア用の化粧品の多くが、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌する効果のあるものや、皮脂を取り除くためのイオウやアルコールなどを配合しています。

 

しかし、こうしたアイテムは肌の潤いを奪いすぎて、肌のバリア機能を低下させてしまいます。すると、肌は外部からの刺激に弱くなって湿疹ができたり、かゆみを感じやすくなることもあります。

 

また肌トラブルが治りにくくなるので、ニキビが繰り返しできるといった悪循環を招いてしまうのです。

 

ニキビケア用の洗顔料を選ぶ場合は、汚れや余分な皮脂を優しく取り除いて肌の潤いは守ってくれるタイプのものを選ぶようにしましょう。

 

合成界面活性剤や鉱物油などの添加物は使用していないものがベターです。

 

ロングセラー洗顔料・よかせっけんはニキビケアにもオススメ!

九州地方で採れる火山灰シラスから作られたパウダー、シラスパウダーを配合した洗顔料として人気の高い、長寿の里の「よかせっけん」。市販のものではあまり見かけない、練せっけんタイプのよかせっけんは肌のくすみを取ってクリアなトーンに導いてくれるとしてリピーターが多い人気商品です。

 

実はこのよかせっけん、ニキビケアにもぴったり。よかせっけんはシラスパウダーやコラーゲン、アロエエキスやローヤルゼリーといった美肌成分を全体の60%も配合。

 

シラスパウダーはしっかり泡立てることで、ゴシゴシこすらなくても毛穴の汚れを吸着してくれます。ニキビの原因になる古い角質や毛穴に詰まった酸化した皮脂もすっきり落としてくれる効果が期待できます。

 

さらに肌に優しいミネラル成分もたっぷり配合。市販のニキビケア洗顔料は肌が乾燥してしまう…という方は、是非一度よかせっけんを試してみてください。