思春期ニキビに効く洗顔石鹸

思春期ニキビとは文字通り10代の思春期の頃にできるニキビのことです。思春期ニキビができる原因は、成長ホルモンによる皮脂の過剰分泌です。肌が脂っぽくなり皮脂が毛穴に詰まってしまい炎症を起こすことでニキビができてしまいます。皮脂の分泌が盛んな鼻や額などのTゾーンを中心にできます。思春期を過ぎれば自ずとニキビも解消されますが、跡が残ってしまい色素沈着を起こしてしまうことがありますのできちんと対策を講じてニキビができにくい肌環境に導くことが重要になります。そのためには、体の中からのケアと外からのケアが必要になります。体の中からのケアとしては、果物や野菜や大豆製品や乳製品や魚介類や卵や肉類や海藻類などの食材を種類豊富に満遍なく食事のメニューに取り入れて、ビタミンやミネラルやタンパク質や食物繊維などの栄養素をバランス良く摂取するということが大切です。脂肪分の多い食事はなるべく控えましょう。脂質の代謝を促す効果があるビタミンB群の積極的な摂取も心がけましょう。外側からのケアとしては、正しい方法での洗顔が重要なポイントとなります。ニキビに効く洗顔石鹸を使用して毛穴の汚れや酸化した皮脂や角栓や古い角質をしっかりと洗い落とすことが大切です。ニキビに効く洗顔石鹸とは、洗浄力が高く肌にやさしいものです。なるべく無添加のものを選んで肌への刺激を最小限に抑えましょう。洗顔のほうについてですが、ゴシゴシと擦ってしまうとニキビを潰してしまったり傷つけてしまったりしてしまい治りが遅くなってしまいますので、洗顔石鹸をしっかりと泡立ててたっぷりの泡で洗い上げましょう。泡の弾力を利用して汚れを落とすような感覚です。スポンジや泡立てネットを使用して泡立てましょう。洗顔の際に水を使用すると汚れを落とす力が弱まりますし、熱すぎるお湯を使用すると肌への刺激になってしまいます。ですので、ぬるま湯を使用するのがベストな方法です。思春期ニキビの大敵は皮脂や毛穴の汚れですので、朝晩の洗顔を徹底して常に肌を清潔な状態に保つということを心がけましょう。洗顔後は、炎症を抑える効果がある成分や皮脂の分泌を抑える効果がある成分が配合されている薬用ローションなどで肌のコンディションを整えるのがよいでしょう。乳液やクリームなどの油分を含む化粧品は肌を脂っぽくさせてしまいますので注意しましょう。食生活の改善と徹底的な洗顔で思春期ニキビの改善と予防に努めましょう。