ニキビとストレス

肌をきれいにしたいと考えるならば、ニキビ予防が大切です。ニキビができてしまい、悪化すると跡が残ることもあり、肌が元のようにきれいにならなくなる場合もあります。
ニキビ予防をするならば、生活習慣を改善していくことである程度対策になります。規則正しい生活習慣を心がけることで、ホルモンバランスの安定させることで、予防につながります。
ホルモンバランスが乱れる原因には、生活習慣だけでなくストレスも影響を及ぼします。ストレスが溜まることで自律神経やホルモンバランスが乱れ、また精神的にも不安定な状態になる傾向があるため、精神的な病にもかかりやすくなります。そのため、ストレスを改善していくことは、肌のため、また心身共に健康を維持するためにも重要なことです。
ホルモンバランスの乱れることで、肌の皮脂分泌量が増えてしまい、それが肌の毛穴を詰まらせる原因になります。ホルモンバランスを安定させることで、ニキビを防ぐことにもつながります。
また、その他にも、洗顔などをして肌についた汚れや余分な皮脂を洗い流すことも予防になるでしょう。
洗顔時では、ぬるま湯を使って洗顔するといいでしょう。熱いお湯の場合では、皮脂を落としすぎてしまうため、肌をカバーするはずの皮脂までも洗い流してしまうこともあるためです。皮脂のほとんどが洗い流されてしまうと、肌を保護することができなくなり、外部からの刺激に弱い状態になってしまいます。そのため、肌の乾燥しやすい状態になり、肌荒れやニキビや炎症などを起こしやすい状態になるため、洗顔時はぬるま湯で洗うようにしましょう。
また、洗いすぎてしまうことでも、肌荒れなどの原因になるので、適度に洗顔をすることを心がけることが大切です。
洗顔が終わったら、やわらかいタオルで余分な水分を拭き取るようにしましょう。あまり強くこすると肌に刺激を与えることになるため、やさしく拭き取ることが大切です。
洗顔後は、化粧品で肌ケアをしましょう。肌ケアの場合に使う化粧品は、自分の肌にあった化粧品を使い、刺激が強く肌が荒れてしまう場合には、それよりも低刺激な化粧品に切り替え、自分の肌に潤いを与えるといいでしょう。水分を肌に与えた後はきちんと保湿することで、肌の状態を保つようにしましょう。
さまざまな方法を使い、ニキビを予防して、きれいな肌を保つように、日々肌ケアをおこたらず生活習慣をきちんとしたものにして、健康的な生活をするように心がけることが大切です。"