手軽にできるニキビのためのスキンケア

顔や背中、肩や首などのさまざまな部位にニキビができることがあります。ニキビができたからといって、そこを引っかいてしまったり、傷をつけてしまうとニキビが悪化して痛みが増してしまったり、回復してもそこにニキビ跡が残ってしまうこともあります。肌にできるだけ負担をかけないためにも、ニキビができた場合には、悪化を防ぐためにもなるべく刺激を与えないようにすることが大切です。
ニキビのためのスキンケアとして、重要なことは洗顔です。生活習慣が乱れていると、ホルモンバランスが乱れてしまい、その影響が皮脂の分泌量増加につながります。皮脂は、肌を保護する役割として重要です。しかし、あまり過剰に分泌してしまうと、これが毛穴を詰まらせる原因になることもあります。特に思春期のころは、成長期になるためホルモンバランスが乱れやすい傾向にあるため、皮脂の分泌が過剰になることが多いといわれています。また、大人になってからも、睡眠不足やストレスによりホルモンバランスが乱れやすい生活をしている場合には、皮脂の分泌量が増加しやすいため、予防のためにも生活習慣を改善していくことは大切です。
肌に付着した汚れや余分に分泌されてしまった皮脂を洗顔によって洗い流すことは、重要なポイントです。しかし注意点もあります。それは、洗い過ぎないことです。過度に洗いすぎてしまうと、肌を保護するための皮脂まで流してしまう可能性がでてきてしまうため、肌をきれいにするどころか、かえって肌を無防備な状態にしてししまいます。そのため、肌が外部からの刺激に弱くなり、また、水分が蒸発しやすく肌の乾燥を招く結果になることもあるので、洗顔時は適度に汚れや皮脂を洗い流すことが大切です。
顔だけでなく、体も清潔に保つため、シャワーなどで汚れや皮脂などを洗い流すのも大切ですが、こちらも洗いすぎないように心がけましょう。
また、汚れや皮脂を洗い流した後には、化粧品などでスキンケアすることも重要です。さまざまな種類の化粧品をうまく組み合わせて、肌にうるおいを与え、保湿をきちんと行うといいでしょう。手軽にスキンケアをするためには、オールインワン化粧品などを使うのもいいでしょう。ただし、化粧品などは、肌やニキビに対して刺激が強いことがあるので、ニキビが刺激されないように、また自分の肌質にあった化粧品を選び、スキンケアすることも重要なポイントとなるので、自分の肌質をしっかりと把握するようにしましょう。