中学生のニキビケア洗顔は?

中学生くらいになると、男性も女性もニキビができやすくなります。

 

これは体が大きくなる成長期に伴って、ホルモンのバランスが変化し、一時的に男性ホルモンの分泌が過剰になるためだと言われています。

 

体が成長しきる20歳前後になるとニキビも自然にできにくくなりますが、それまで待てない!という人がほとんどでしょう。

 

とはいえ、中学生の皆さんは高価なニキビケア用化粧品を購入することも難しいですよね。

 

では、ここで中学生向けのニキビケアについて考えてみましょう。

 

ニキビがひどいときには皮膚科で診てもらおう!

ニキビの悩みを大人に相談すると「病気じゃない」「そのうち治る」と言って相手にしてもらえないことがあるかもしれません。

 

しかし、ニキビは立派な皮膚の病気のひとつ。赤く炎症を起こしたニキビがたくさんできているようなら、ニキビ治療に詳しい皮膚科で診てもらうことが一番大切です。

 

また、ニキビができているからと落ち込んだり、悩み続けているとストレスの影響でさらにニキビができやすくなることもあります。

 

「そのうち治るから大丈夫」という楽天的な考え方になることもニキビケアとしてとても重要なことなのです。

 

まずは正しい方法で洗顔すること!

皆さんはどんな風に洗顔していますか?ニキビが気になるからといって、1日に何度も洗顔したりしていませんか?皮脂が奪われると、肌は自ら潤いを保とうとして、さらに皮脂を分泌させるはたらきがあります。

 

するとニキビができているのに、肌が乾燥する、あるいはニキビができていない部分の肌が真っ赤にあれてしまう…ということもあるのです。

 

洗顔は朝晩の合計2回で充分です。

 

ニキビが気になるときには、ご両親に相談して肌に優しいニキビケア用の洗顔料を用意してもらいましょう。

 

オススメは肌に刺激を与える添加物が入っていない、純せっけんNon.A(ノンエー)。

 

ノンエーは7万人もの肌トラブルに悩む人の意見を元に作られたニキビケアのための洗顔せっけんです。合成界面活性剤や鉱物油などを使用していないので、赤ちゃんやアトピーに悩む人でも安心して使えると評判を呼んでいます。

 

さらに皮脂の分泌を抑えるはたらきのある女性ホルモン似た働きをするイソフラボンやサポニンを配合。

 

皮脂分泌が多くなる、中学生の皆さんにはピッタリのニキビケアアイテムと言えるでしょう。