ニキビになりにくい化粧品は?

大人のニキビは、ストレスや睡眠不足、不規則な生活などにより男性ホルモンの分泌量が増加することで、皮脂の分泌が盛んになります。

 

ニキビは、皮脂のせいで発生するのではなく、悪化させる原因です。根本原因としては、角栓により毛穴がつまり、出口を塞がれた毛穴に皮脂が溜まってしまいニキビが悪化していきます。

 

ニキビになりにくい化粧品としては、肌質に合わせたものを使うようにすることが重要です。

 

化粧品の中でも、ファンデーションは油分を多く含むため、化粧が厚すぎると毛穴がふさがってしまいアクネ菌が繁殖しやすくなるため、注意が必要です。

 

ニキビができている肌では、ファンデーション前の化粧下地は使わないほうが良いとされています。

 

魅せ肌を作ったり維持するためには、化粧下地は描かせませんが、油分が多く、アクネ菌のエサになってしまう成分があります。

 

さらに、ニキビを塞いでしまうことで、通気性が悪くなり、悪化することがあります。

 

できれば、油分の含まれていないフェイスパウダーのみを使う方法ですが、カバー力がないため、しっかりメイクには不向きです。

 

どうしてもしっかりメイクを行い時には、油分の少ないパウダーファンデーションやルースファンデーションを使うようにします。

 

化粧下地の代わりには、保湿効果のある美容液をいつも以上にハンドプレスを意識しながらしっかりと肌を保湿しておきます。

 

 

ミネラルファンデーションとよばれるファンデーションもありますが、中にはミネラル以外の成分が含まれていてもミネラルファンデーションと謳っている商品もあります。

 

そのため、できるだけ配合成分がシンプルなタイプを選ぶようにすることがポイントです。

 

 

乾燥肌の人は、皮脂の分泌が少ないため、ニキビができにくいと思っている人も多いですが、乾燥肌の人の方が皮脂分泌が多い場合があります。

 

乾燥肌の人は、洗顔後にしっかりと化粧水などを使って保湿ケアを行います。乾燥により肌のバリア機能が弱まっているため、化粧水だけでは、水分を肌の中に溜め込むことができない状態になっています。

 

そのため、化粧水後には、美容液やクリームなどで肌にフタをして、水分を逃がさないように工夫をします。

 

この時、化粧水には、エタノールやアルコールなどが含まれていないタイプを選ぶようにします。

 

これらには、余分な皮脂を抑える効果は期待できても保湿効果が期待できないため、保湿効果の期待できるタイプの化粧水を選ぶようにします。

 

 

ニキビに効く洗顔TOP